スマホでの株取引の始め方

スマホを操作して株取引している様子インターネットの普及によって株取引も店頭で行う方法から、パソコンやスマートフォンを利用した取引にシフトしています。ネット証券や大手証券会社では、スマホから簡単に取引をすることができるアプリを出しています。始め方は非常に簡単で、アプリを提供している証券会社の口座と、スマホさえあれば始めることができます。証券会社が出しているアプリもAndroidとiOS両方に対応しているものが多いため、機種は心配しなくても良いでしょう。
機能が充実しているのがネット証券のアプリです。インターネットでの取引に特化している会社ですので当然ではありますが、アプリ1つで取引はもちろん、ニュースを確認したり四季報が見られるなどの充実した機能があるものもあります。株以外にもFXや債券など、別の金融商品の取引ができる証券会社も多くあります。
始め方の注意点としては、株の手数料をできるだけ少なくするため、自分の取引スタイルにあった料金プランを提供している会社を選ぶと良いでしょう。取引スタイルは人によって異なります。1日に何回も取引を繰り返すようなデイトレーダーや、長期間保有して株主優待を狙う人などさまざまです。特に取引回数が多くなる人は、手数料が定額だったり安い会社を選んだほうが有利になります。手数料が高いとデイトレでは大きな負担となってしまうこともあるからです。
株式銘柄はたくさんありますので、お気に入りの銘柄を登録することができる機能があると便利です。取引はスピードが命です。予約注文を出しておくのも良いのですが、成行で売買をする人にとっては簡単にアクセスできる取引画面や、リアルタイムにレート更新がされるかどうかが重要です。設定でいじることもできますが、リアルタイム更新にするとスマホの通信料が多くなる点は注意しておきましょう。室内など特定の環境下で取引をする場合はwi-fiを利用するなど、通信環境を選択しておくことも重要です。
証券会社の口座開設や口座維持には手数料がかかりませんので、もしアプリが使いにくかったら別の会社に切り替えてみるのも良いでしょう。基本的な始め方はどこの会社を選んだとしても一緒ですが、アプリの性能は会社によって大きく異なっています。実際に口座を開く前にアプリのレビューを見てから判断をするのも良いでしょう。システムが安定して使いやすい会社のものは評価も高くなる傾向があり、大変参考になります。

スマホのアプリで株取引できる?

株式取引を行っている時間にずっとパソコンに張り付いていることは難しいので、アプリを利用してスマホから取引ができる会社は非常に便利です。出先や移動中でも情報を取得することができます。ニュースが配信される機能があるものでは、実際に取引をしなくてもニュースを読んでいるだけで経済の勉強にもなります。
スマホは身近なツールな分、誤発注には気を付けなくてはなりません。証券会社によってはクリック1つで発注ができるようなボタンを設置しているところもあり、ポケットの中で勝手に押してしまって取引をしてしまうリスクもあります。アプリをインストールするということは、そういうリスクがあることも承知の上で行い、誤発注が起きないように注意も必要です。
アプリの中には入出金関係の手続きができないものもあります。そのような証券会社の場合はブラウザー上で資金の移動を行わなくてはなりません。いざというときにすぐに資金管理が行えるよう、ブラウザー側にも証券会社のホームページをブックマークしておくなど、工夫をしておくと良いでしょう。
アプリは利用者の声を反映して、バージョンアップされることがあります。古いバージョンのものでは取引ができなくなりますので、常に最新版にするように自動アップデートの設定を有効にしておき、取引チャンスを逃さないようにしましょう。