株における逆張りと順張りそれぞれの特徴

株式の売買によって利益を上げるパターンは2つしかありません。購入した値段よりも高く売却するか、売却した値段よりも安く買い戻すかのどちらかです。値上がりすると思ったら買い、値下がりすると思ったら売ることになりますが、ここでは例として、購入後に値上がりするタイミングを計っていると仮定します。
順張りとは、株価が上昇し始めた銘柄に対し、まだこれからも上昇し続けることを見越して株を購入する手法です。順張りのメリットは成功すれば短期間で大きな利益をあげられることです。株式の値動きは、上昇が始まったあと、その上昇ペースが速まっていき、天井まで上昇したあと急速に下降に転じます。実際はここまでシンプルなものではありませんが、このサイクルを繰り返し続けています。
つまり上がり始めたタイミングで順張りを行い、ある程度上昇したタイミングで売却すれば利益を得られるわけです。
順張りのデメリットとしては、上がっていると判断した時はすでに上昇局面が終わり始めており、購入後から下落し始める可能性があることです。下がり始めを捉えてしまう形になりますので、損失が大きくなりがちです。確実な損切りが求められるところです。また逆に、あまりに早く判断すると、実は上昇局面の始まりではなかったということも頻繁に生じます。
次に、逆張りは、ある程度値段が下落した銘柄を、そろそろ下落が終了すると見込んで購入する投資方法です。株価は上昇と下降を繰り返しています。大きく上がれば大きく下がる、大きく下がれば大きく上がる傾向があり、逆張りはその反転のタイミングを捉えるものです。
逆張りのメリットはその後の上昇を確実に利益にできることです。下落している段階から購入しているわけですから、その後の上昇分は全て手に入れることができるでしょう。順張りとは異なり、購入が遅れることは考えられません。過去の大暴落の局面は、結果として買い時であったケースが殆どです。
デメリットとしては、購入後にも株価が反転せず、そのまま下落し続けることです。特に下落局面は上昇局面よりも値動きが急になります。「落ちるナイフに手を出すな」という相場格言に対立する投資手法でもあります。
順張り、逆張りの両方にメリット・デメリットがありますが、どちらの方法で投資するにしても、どの程度上がったら利益を確定するか、どこまで下がったら損切りするかが重要になってきます。一度決めたルールは簡単に変更せず、感情に流されないトレードをするべきです。

初心者には逆張りと順張りどちらがおすすめ?

初心者の方には順張りでの投資をおすすめします。現物による株式投資では、買う→値段が上がる→売るというサイクルが基本になります。空売りや両建てなどのトリッキーな戦略はある程度の経験を積んでから行うべきであり、株式投資の基本を学ぶ意味でも順張りから行うのが良いでしょう。
経済情勢や、株価が形成されるメカニズムなどの知識を付け、今後長期的に株価が上昇すると思う会社をマークし、上がり始めたら順張りで投資を行う。まさに株式投資の王道です。株式投資は購入よりも売却の方が難しいと言われます。初心者の方は売り時の判断に非常に苦労するでしょう。もっと持ってればまだ上がったのに…と思うことがしょっちゅうあるでしょう。しかしそのような経験を積み重ねることで相場観が身に付いてきます。
順張りでも逆張りでも、テクニカル指標は重要になりますが、あくまでも要素の一つとして捉えるべきです。シグナルが出たらそのとおりに売買して儲かるのなら、市場参加者は全員が儲けています。初心者の方はトレード結果を分析し、期待値がプラスになる値幅の設定ができるようにならなければなりません。その値幅は投資の時期や銘柄によって異なります。研究の積み重ねを忘れないようにして下さい。