株初心者はどんな勉強法をすればいいの?

株初心者はどんな勉強法をすればいいのかと言いますと、まず株に関する書籍を読んでみるという勉強法が考えられます。それから、新聞を利用するという勉強法もあります。前者の書籍を読むという方法の良いところは、株に関する原理原則まで踏み込んで学習をすることができるという点です。反対に、この方法のデメリットとしては、特に旧い書籍などを読んだ場合には、もう既に内容が旧過ぎて時代遅れの情報となってしまっている可能性も高いということです。これに対して、後者の新聞を利用するという方法の良いところは、最新の情報に触れることができるという点にあります。反対に、この方法のデメリットとしては、体系的な学習をしにくいという点があります。それから、第三の手段としては、テレビの番組を見るという方法もあります。テレビの番組の中には、株式市場そのものを解説しているものもありますから、これらの番組を見ていけば、まさにど真ん中の勉強法となるわけですが、株初心者にはちょっと細かすぎて難しい内容と映るかもしれません。また、延々と株式市場の中継をされても、全部聞いている時間はないし、飽きてしまうこともあるかもしれません。ですから、経済番組でマクロ的な知識を得て、時間があればこのような番組でミクロ的な知識を吸収してみるというスタンスで始めてみるのが良いのではないでしょうか。それから、株の初心者であれば、このような媒体を通じた学習を続けていくうちに、当然さまざまな疑問がわいてくることでしょう。そのような時に利用できるのが、インターネットによる検索です。すなわち、インターネット上の検索サイトで、疑問に思っている質問を打ち込んだり、関連するキーワードなどを入力することにより、適切な回答を得られる可能性があります。それから、インターネット上で、株式に関するわかりやすい解説がなされているサイトを見つけて、このようなサイトで勉強をするというのも効果的かもしれません。このように、書籍・新聞・テレビ・インターネットといった媒体を使用して株の学習をしていけば、きっと効果的な勉強となることでしょう。それから、書籍と新聞の中間に、雑誌というカテゴリーを入れてもよいかもしれません。特に、株式投資専門の雑誌の場合には、最新の内容が盛り込まれていると同時に、原理原則に関する解説がなされているものなどもありますので、定期購読をする価値はあるでしょう。

実際に株取引の経験することも重要

しかし、このように色々な媒体で株の勉強をしていくだけではなく、実際に株取引を経験することも重要です。そして、実際の取引で経験をしてみると、このような媒体で学んだことの意味がわかってきますし、今までは理解できなかったこともわかるようになってくるものです。例えば、今までであれば、誰もが知っているような大企業の名前しか知らなかったものが、細かな中小企業の名前もわかるようになってきますし、その企業がどのようなブランドを持っていて、どのような店舗を運営しているのかといったことなども、わかってくるようになるわけです。特に、株主優待の銘柄などを購入した場合には、定期的に送られてくる優待券を実際に使用してみることにより、自分の住んでいる地域にどのようなお店があって、それをどういう会社が運営しているのかなどといったことが、わかってきます。そうして、これは確かに価値のあるお店であるとか、反対にあまり価値が認められないお店であるというようなことを発見することができますから、この実体験がまた投資のヒントになると言うこともできるでしょう。それから、売買の取引を通じて、どのような場合には儲かるとか、損をするというようなことも、経験的にわかってくるわけなのです。